屋根塗装で大切なお家の寿命を延ばしましょう



こんにちは!

リフォームを検討する時、外壁の汚れや設備の不具合などは

目につきやすく、すぐに気づくこともできるかと思います。

その中で意外と忘れられがちなのが屋根

外壁のように近くで確認することも難しく、目が行き届かないものです。

しかし、建物の中で最も過酷な環境にさらされている屋根こそ定期的なメンテナンスが必要になります。

リフォームをご検討の際は、外壁と一緒に屋根の状態も確認を。

家を守るために非常に重要な屋根塗装。

本日は屋根塗装の必要性についてご紹介いたします。

目次

  1. 屋根材の劣化を防ぐ
  2. 美観を保つ
  3. 断熱効果を高める
  4. 屋根塗装の時期
  5. 屋根塗料いろいろ
  6. 屋根塗装の費用
  7. 最後に



1.屋根材の劣化を防ぐ



屋根は、雨風や紫外線、熱、雪などの様々な外気の影響を直接受け、常に劣化が進んでいます。

特に、紫外線は塗膜を劣化させる大きな原因となります。

塗装膜が劣化すると、防水性が低下し、雨漏りの原因になるだけでなく、屋根材自体も劣化しやすくなります。

屋根塗装は、こうした劣化を防ぎ、屋根材の寿命を延ばす効果があります。



*屋根の主な雨漏り原因

 ①家を建てた時の施工不良
  施工業者の未熟な工事→築年数が浅い場合は施工業者に早めにご連絡を
 ②屋根の劣化
  築10数年が経ち、屋根材が劣化した箇所から雨水が侵入
 ③屋根の破損
  台風などによる屋根飛散や、地震による瓦破損など損傷個所から雨水が侵入
 ④雨樋の詰まり
  雨樋から溢れた雨水が壁などから内部に侵入
 ⑤太陽光発電や温水器設置個所から
  穴を開けて設置しているため、不適切な処理やシーリングの劣化箇所から雨水が侵入




2.美観を保つ



屋根塗装は、美観を保つ効果もあります。

経年劣化により、屋根の色あせやカビ、コケなどの発生が目立ってきます。

これらを除去し、塗装することで、屋根を美しく蘇らせることができます。

シンライズでは、バイオ高圧洗浄が標準仕様となっております。

塗装の前にバイオ高圧洗浄でカビやコケ、汚れを根元から分解洗浄し

その上から塗料を下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りすることで、

カビ・コケなどの発生を抑え、塗料の密着性をより高め

耐久性の増した屋根へと仕上げていきます。

実際のバイオ高圧洗浄の写真はこちら
洗浄前.jpg 洗浄中.jpg 洗浄後.jpg
洗浄前 洗浄中 洗浄後



3.断熱効果を高める



遮熱塗料を使った屋根塗装は、断熱効果を高めることができます。

遮熱塗料は、太陽光を反射し、屋根の表面温度上昇を抑えます。

これにより、室内への熱伝導を抑え、冷暖房効率を改善することができます。

実際に2階の部屋が暑すぎるというご相談をいただいたお客様には、

遮熱断熱効果のあるガイナ塗料をご提案させていただいた事がございます。

実際の施工事例はこちら


4.屋根塗装の時期



屋根塗装の時期は、屋根材の種類や状態によって異なりますが、一般的には以下の目安となります。

・スレート屋根:7~10年(ひび割れの補修等も必要)
・金属屋根:10~15年(石粒付金属屋根は、ほぼメンテナンス不要)
・セメント瓦:10~15年(しっくいの補修も必要)
・粘土瓦:30年以上(しっくいの補修などは必要)


ただし、上記はあくまで目安ですので、実際の日当たりや風通しなどの環境条件によって劣化の速度は異なります。

以下のような症状がみられた場合は、早めの屋根塗装をご検討することをおすすめします。

・塗装膜が色褪せたり、剥がれたりしている
・屋根にコケやカビ、雑草が生えている
・雨漏りしている
・屋根材にひび割れや欠けがある
・板金が浮いている

屋根劣化サイン.jpg



*屋根に上がらずチェック

屋根の上はとても危険ですので、絶対にご自分で上らないでください。

屋根からの落下や、屋根材を踏み抜いたりする恐れがあります。

自己チェックの際は、2階の窓から見下ろす、下から見上げるなど
無理のない方法にしましょう!

また、軒天(のきてん)からも異常に気づくことができます。

軒天とは家からはみ出した屋根の裏側(下側)のことで、
屋根に上らなくても下から見上げることができます。

もしこの軒天にシミや水漏れの跡が見えたら、屋根にトラブルがあるサインです。

軒天.jpg




5.屋根塗料のいろいろ



屋根塗装には、様々な種類があります。

現在の屋根塗料の主流は、コストパフォーマンスに優れるシリコン樹脂

約10年の期待耐候年数を誇るフッ素樹脂、さらには超高耐候の無機塗料

さまざまな種類がありますので、じっくり吟味しましょう!

<代表的なものをご紹介>

  • アクリル塗料:耐久性は他より低くなりますが、費用を抑えたい場合にオススメ
  • シリコン塗料:一番主流の塗料です。耐久性とコストパフォーマンスに優れています。
  • フッ素系塗料:値段は高価ですが、親水性があり、汚れにくく汚れ落ちが良い、10年以上の高耐久性があります。
  • 無機塗料:4種の中で一番高価ですが、約15年以上の耐久性があります。色あせや変色も起こりにくく、カビも生えにくいです。


弊社おすすめ塗料と比較表はこちらのページもご参照ください!

おすすめ塗料のご紹介


6.屋根塗装の費用



屋根塗装の費用は、屋根の広さや形状、使用する塗料の種類、施工業者によって異なります。

一般的には30~100万円程度です。

しかし、屋根だけではなく外壁もセットでリフォームをすると、

足場組み立てと撤去工事費用が別々で工事をするよりも、一回分節約できるので、

外壁のリフォームもご検討中であれば、できるだけまとめての工事がおすすめです。

新築時には外壁も屋根も同グレードの塗料が使われるため、

メンテナンスが必要な時期は同じですので、お得にリフォームを行うことが可能です。



7.最後に



いかがでしょうか。

屋根には家全体を守る働きがあります。

痛んだところを早めに補修、定期的なメンテナンスを行い、

屋根を良い状態で保つことで、家全体の寿命を延ばすことができます。

屋根のことで心配な事やご相談等ありましたら、

是非シンライズへお気軽にお問合せ下さい。

無料の屋根点検や、ドローンを使っての屋根診断も行っております。

外壁屋根診断

ご一緒に大切なお家の寿命を延ばしていきましょう!

屋根ビフォアフ.jpg


お問い合わせはこちらから⇓⇓⇓

株式会社シンライズ
リフォーム情報館
ガイソー小平店
TEL:0120-593-055
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】水曜日・隔週火曜日





なぜ必要なの? GAISO GAISO 業者の選び方 塗装業界のネタばらし GAISO アクセスマップ GAISO

  • クールネット東京 高断熱窓・ドア・断熱材・高断熱浴槽への助成金制度について

  • 国の補助金制度と併用可能 脱炭素へ向けて都の取り組み 近年、ある地域では洪水が起こり、またある地域では水不足や干ばつに悩まされています。気候変動を目の当たりにし、地球温暖化の進行をど
    >>詳しく見る

外壁塗装をしたいけれど、どんな塗料が自分の家に合っているのか分からないというご相談を多くいただきます。

ガイソーでは、耐久性や価格、機能などの比較が分かりやすいように、それぞれの商品を紹介しております。

  • ガイソーおすすめの塗料
  • 火災保険を用いた外装リフォーム
ガイソー 町田
ガイソー 町田
ガイソー 町田
  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断