最近人気の屋根カバー工法って???



こんにちは!

先日は屋根の塗装についてご紹介をいたしました。

ブログはこちらから

本日は同じ屋根のリフォームですが、施工方法の異なる

屋根カバー工法」についてご紹介いたします。

目次

  • 屋根カバー工法とは?
  • 屋根カバー工法のメリット
  • 屋根カバー工法のデメリット
  • 屋根カバー工法の種類
  • 屋根カバー工法の費用は?
  • 最後に

1.屋根カバー工法とは?


屋根カバー工法とは、今ある屋根材をそのままにして、上から新しい屋根材をかぶせる工法です。

屋根を重ねるので、重ね葺きともいいます。

屋根を撤去しないので、家に暮らしながら工事ができ、廃材もほとんどでません。

費用や工期を抑えることができるので、近年人気が高まっています。

IMG_2669.jpg
こちらは小平スタジオにて展示中のサンプルの写真です。
既存の屋根に防水シートを貼り、その上から新しい屋根材をかぶせます。


2.屋根カバー工法のメリット


近年人気の屋根カバー工法。

どのようなメリットがあるのかご紹介します。

・美観が良くなる:新しい屋根材をかぶせるので、屋根の美観が良くなります。

・費用が安い:既存の屋根を撤去する必要がないため、葺き替えに比べて費用を抑えることができます。

・工期が短い:既存の屋根を撤去する必要がないため、葺き替えに比べて工期も短くなります。

・廃材が少ない:既存の屋根を撤去しないため、廃材が発生しにくく、環境にやさしいです。

・遮音性の向上:屋根が二重になるので、遮音性も高まります。

・断熱性の向上:カバー工法で使われる屋根材には断熱材が入っているものが多く、断熱性を向上させることができます。


3.屋根カバー工法のデメリット


メリットがあれば、デメリットももちろんございます。

しっかりと両方を確認したうえで検討しましょう!

・すべての屋根に適用できるわけではない
 既存の屋根の状態や種類によっては、屋根カバー工法が適用できない場合があります。

・既存の屋根の欠陥を隠してしまう可能性がある
 既存の屋根の欠陥を放置したまま屋根カバー工法を行うと、雨漏りなどの原因となる可能性があります。

・屋根の重量が重くなる
 既存の屋根に新しい屋根材をかぶせるので、屋根全体の重量が増加します。


4.屋根カバー工法の種類


屋根カバー工法には、主に以下の3種類があります。

 ・鋼版葺き:ガルバニウム鋼板などの金属板を屋根材として使用する工法です。軽量で耐久性に優れています。
 ・金属瓦葺き:金属製の瓦を屋根材として使用する工法です。和風な外観にしたい場合におすすめ
 ・アスファルトシングル葺き:アスファルトでできたシート状の屋根材を使用する工法です。軽量で施工が簡単です。

カバー工法は既存の屋根に新しい屋根材をかぶせるので、屋根の重量増加は避けられません。

なので、より軽い屋根材を選ぶことがポイントとなります。

小平スタジオでは上記のサンプルを複数展示中です。

<サンプル展示のある製品をご紹介>

IMG_2630.JPG IMG_2663.JPG IMG_2664.JPG
デクラ屋根システム 杉板調屋根『コロナ(CORONA)』
杉板模様の美しいコロナは自然な風合いが魅力です。全5色のバリエーション。
ケイミュー社『ROOGA』
現存の瓦と変わらない重厚感を持ちながら、軽量で、雨や風に負けない、軽さと強さと美しさを兼ね備えた、理想の瓦です。
OWENS CORNING
『OAKRIDGE SUPER』
ピンクパンサーが目印。アメリカの企業らしい、7種類のシックなカラーバリエーション。40年という長期間の製品保証を実現してます。
IMG_2665.JPG IMG_2666.JPG
同じくデクラ屋根システム『セネター(SENATOR)』
超軽量で災害に強く高い評判を誇ります。30年の材料品質保証と10年の美観保証がついています。
アイジー工業『スーパーガルテクト』
超高耐久ガルバを使用した高い耐久性を誇る製品。重さは、スレート屋根に比べて約1/4、和瓦屋根の比べて約1/10と超軽量です。



5.屋根カバー工法の費用は??


屋根カバー工法の費用は、一般的には80~150万円程度です。

主に下記のポイントで費用は異なります。

・屋根の面積
・屋根材や下地材のグレード
・立地

屋根の面積が広いほど施工範囲も広くなるので、費用も高くなります。

家が大きく屋根の面積も多い場合は費用がかさみやすいため、まずは見積を依頼して費用を確認しましょう。

また、使用する屋根材や下地材の防水シートをグレードの高いものにすると、施工費用も高くなります。

しかし、グレードが高いほど耐用年数や機能面で優れているので、費用ばかりを重視してグレードを下げることはおすすめしません。

担当者と相談していただきながら、お家に合った費用面・性能のバランスのよい屋根材・防水シートをお選びください。

そして、立地によっても費用が異なってきます。

狭い住宅地や道が細く業者のトラックが現場まで入れない場合

業者が基本的には手作業で資材を運ぶことになります。

運搬に手間がかかる分、コストが高くなることがあります。


6.最後に


屋根カバー工法は、葺き替えよりも費用や工期を抑えることができ、

遮音性や断熱性を向上させたい方におすすめの工法です。

しかし、すべての屋根に適用できるわけではないため、

検討する際は必ず実績のある施工業者にご相談ください。

<弊社の施工事例写真をご紹介>
LINE_ALBUM_宮地様 ドローン_221113_0.jpg DJI_0238.JPG
小平市 M様邸 施工前
ドローンを使っての撮影
屋根カバー工法施工後の写真

弊社では他にも多数の施工事例をHPで掲載しております。

よろしければ合わせてご覧ください。

施工事例はこちら

また、サンプルを実際にご覧になりたい方は小平スタジオにぜひお越しください!

色味はもちろん手で触れて質感や重さなどもお確かめいただけます!

その他お悩み事やご相談もお気軽にお問い合わせくださいませ。


株式会社シンライズ
リフォーム情報館
ガイソー小平店
TEL:0120-593-055
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】水曜日・隔週火曜日








なぜ必要なの? GAISO GAISO 業者の選び方 塗装業界のネタばらし GAISO アクセスマップ GAISO

  • クールネット東京 高断熱窓・ドア・断熱材・高断熱浴槽への助成金制度について

  • 国の補助金制度と併用可能 脱炭素へ向けて都の取り組み 近年、ある地域では洪水が起こり、またある地域では水不足や干ばつに悩まされています。気候変動を目の当たりにし、地球温暖化の進行をど
    >>詳しく見る

外壁塗装をしたいけれど、どんな塗料が自分の家に合っているのか分からないというご相談を多くいただきます。

ガイソーでは、耐久性や価格、機能などの比較が分かりやすいように、それぞれの商品を紹介しております。

  • ガイソーおすすめの塗料
  • 火災保険を用いた外装リフォーム
ガイソー 町田
ガイソー 町田
ガイソー 町田
  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断